賃貸物件といえば、マンションやアパートが主流ですが、一戸建てにも賃貸物件はあります。その特徴について説明します
賃貸選びについて〜想像力を働かせて見学をする

一戸建て賃貸物件の特徴

マンションやアパートなどが賃貸物件の主流ですが、物件数は少ないものの、一戸建ての賃貸物件も存在します。そんな一戸建ての賃貸物件の特徴について説明いたします。まず、家賃以外に発生する共益費という名目の管理費は、一戸建ての場合は徴収されないことが一般的です。マンションの貸主は所有者であるため、マンションの管理費を管理会社に徴収されるため、その分を借主に共益費という名目で頂くのが通例です。しかし一戸建ての貸主は、管理費を徴収されることはありませんので、貸主に対しても共益費を取りません。

また、一戸建ての賃貸物件はマンションやアパートよりも部屋数が多いため、子供の数が増えても対応でき、収納量も多くとれるので生活がしやすいメリットがあります。一戸建てということもあって、庭付きの物件も多く、マンションやアパートではガーデニングや庭遊びが出来ない中、一戸建て賃貸物件ではこうした持家のように使えるメリットもあるのです。デメリットとしては、古い物件の場合扉や襖などの建て付けが悪く、網戸の交換も出来ていない物件の場合は使いづらいという不具合もあり、共益費が要らない分、庭の手入れも借主がしなければならないという手間もあります。

このように一戸建て賃貸物件には、集合住宅にはない魅力がたくさんあり、反対に負担になるデメリットもありますが、自分の生活スタイルをよく考えて集合住宅にするか、一戸建てにするかを選択することが重要です。

注目の情報