不動産会社の良し悪しが賃貸経営を左右します。不動産会社の業務内容や客付け能力を把握しておくべきです。
賃貸選びについて〜想像力を働かせて見学をする

不動産会社の良し悪しが賃貸経営を左右する

賃貸経営をする際に、どの不動産会社とどんな契約を結ぶかは、経営の先行きを左右します。その不動産会社の業務内容をしっかりとチェックし、また客付け能力がどれほどのキャパシティを備えているのかを見極めることが重要です。

不動産会社というのは、物件の紹介業務以外にも様々なことをやっている会社もあります。もちろん、物件の紹介だけを専門的に行っているところもありますし、逆に物件の管理だけをやっているところもあります。前者の不動産会社に管理委託を頼んでもできないわけですから、管理の委託を任せる場合には、仲介業だけでなく管理業をも併用して行っている不動産会社を探すべきです。また募集と管理を別々の会社に依頼することもできます。

不動産会社選びは、客付け能力も考慮をするべきです。客付け能力が低いと空室リスクが高まってしまします。空室になれば賃料収入を得られないので、この不動産会社の客付け能力は重要です。どんな管理をしているのかも確認しておかなければなりません。一括借り上げの場合は、管理会社にすべての業務を委託するうえ、管理の内容はたいへん多岐にわたり、長年付き合いを続けるためには、いつどんなことをしているのかを把握しておくことはとても大切なのです。

注目の情報