賃貸経営は管理委託と一括借り上げと、不動産会社との契約形態によって業務内容が変わってきます。
賃貸選びについて〜想像力を働かせて見学をする

賃貸住宅の管理委託と一括借り上げの違いについて

賃貸住宅の経営をするとき、不動産会社や管理会社に管理の一部を任せるのが一般的です。基本的には、入居者の募集やその選定、賃貸借契約の締結など、斡旋業が中心ですが、家賃の回収やトラブル処理も請け負ってくれることがあります。それは建物のオーナーと不動産会社の契約によってその業務の範囲は決まってきますが、こうした管理委託の場合はあくまで不動産会社はオーナーのサポートをするという立場です。

これに対して一括借り上げという方法がありますが、この一括借り上げは、不動産会社に建物の管理のすべてを任せてしまいます。つまり管理委託との違いとしては、建物そのものを不動産会社に貸してしまうのです。不動産会社に貸した建物を、不動産会社がまた入居者を募って部屋を貸します。つまり一括借り上げとは又貸しのことです。この一括借り上げは、オーナーのサポートではなく建物の管理の全部を任せられています。ですから、空室が出た場合でも、その負債を負うのは不動産会社であってオーナーではありません。オーナーは空室の保証を受けることができます。管理委託では空室が出た場合はオーナーの責任であって、また家賃滞納があった場合にも、不動産会社が家賃の支払いの催促をしますが、その結果支払われなければその負担はオーナーにしわ寄せがされます。一括借り上げと管理委託との違いはここにあるのです。