賃貸住宅には一括借り上げというのがあります。管理会社に業務の一切を任せるものですが、メリットは何でしょうか。
賃貸選びについて〜想像力を働かせて見学をする

賃貸住宅の一括借り上げとは

賃貸経営でをするうえでのいちばんの不安は、空室リスクでしょう。空室になれば家賃は得られず、そうなれば収入はゼロとなります。こうした空室リスクをゼロにする方法があります。サブリースとも呼ばれる一括借り上げです。

一括借り上げは、オーナーと管理会社とが賃貸借契約を結ぶことによって、建物の一切の管理を管理会社に委託するということです。入居者はオーナーではなく管理会社と賃貸借契約を結ぶことになります。これによって、空室のリスクをかなりの割合で軽減させることができます。ふつうの管理委託と違うのは、オーナーと管理会社が賃貸借契約を結んでしまうというところで、ふつうの管理委託はどこまでの管理を委託するのかというある程度幅を持たせた管理委託ですが、一括借り上げはすべてを管理会社に任せてしまいますので、空室ができたとしてもそれは管理会社の責任として、空室時の保証を受けることができるのです。すなわち、空室があった場合は、家賃の80パーセントから90パーセントほどの保証金をオーナーは受け取ることができるのです。

もちろん、その分管理会社に支払う契約料はふつうの管理委託よりも高くなってしまいます。しかし一括借り上げをすれば、業務も楽になり、空室リスクも減らせるので、オーナーにとっては条件が良い契約だと言うことができます。