賃貸経営というのは具体的に何をしなければならないのでしょうか。不動産会社との契約によっても変わってきます。
賃貸選びについて〜想像力を働かせて見学をする

賃貸経営の業務について

賃貸経営と言っても、それは具体的にどんなことをしなければならないのでしょうか。賃貸経営の手始めとしては、まず入居者の募集をしなければならないでしょう。賃貸経営は入居者がいないと成り立ちません。空室が増えれば家賃収入を得られず、収支は赤字となってしまいます。そういう意味で、入居者の募集はいちばん大切な項目なのです。

もちろん、そうしたことは建物のオーナー本人がするというよりも不動産会社が担当してくれることがほとんどです。不動産会社はこうした仲介によって、物件の紹介と入居者の募集、それからその入居者の選定すなわち入居審査、最後に入居者とオーナーとの間の賃貸借契約の締結と、入居者の斡旋業務の全般を請け負ってくれます。もちろん、どこまでやってくれるのかというところは不動産会社との契約によって決まります。しかしだいたい入居者の斡旋業務は不動産会社がそのすべてを請け負うことが一般的なのです。

そのほかにも家賃の回収やクレーム処理、あるいは入居者同士のトラブルの仲裁など、賃貸経営はなかなかやることが多いです。これらすべてを不動産会社に任せることもできますが、自主管理しているオーナーも少なくはありません。どこまでを任せるかは、オーナーと不動産会社との取り決めで決まってくるのです。