賃貸に住み続けるか、家を購入するか、悩む人も多いでしょうが、賃貸は身軽というメリットがあります。
賃貸選びについて〜想像力を働かせて見学をする

賃貸住宅を選ぶことのメリット

賃貸に住んでいる人は、賃貸に住み続ける方がよいか、それとも思い切って分譲マンションや一戸建てを購入する方がよいのかと考える時があるでしょう。特に結婚して家族ができたときや、子供が生まれたときに考える人が多いようです。賃貸に住み続けると、毎月家賃を支払わなくてはいけません。そして何十年家賃を払い続けても、自分の資産にならないので、もったいないと思う人も多いでしょう。しかし、家を購入した場合、多くの人は多額の住宅ローンを背負うことになります。ローンを返済し終えたら、家賃を支払う必要はなくなりますが、実際は固定資産税やメンテナンス費用などにお金がかかります。また、マンションを購入した場合は、管理費や修繕積立金、車がある人は駐車場代などを払い続けなくてはいけません。

そのため、賃貸暮らしを続けるのと、住宅を購入するのとを比較すると、どちらが得というのは難しい判断でしょう。しかし賃貸であれば、引っ越したいときにすぐ引っ越しやすいというメリットがあります。集合住宅の場合、騒音問題で悩む人が多いです。上下の家と騒音トラブルになっても、分譲マンションの場合、気軽に引っ越しすることが難しいです。その点、賃貸なら引っ越しやすいので身軽です。賃貸にはこういう魅力があるのです。

注目の情報