今の賃貸の運営は供給過多といわれおり、理由は余剰になった土地対策の一環で不動産の宣伝に乗った同業者の増加がある
賃貸選びについて〜想像力を働かせて見学をする

賃貸の運営は供給過多

低コストでどんどん家を立てられる仕組みを日本は作り上げてきて、例えば大量に同じ企画の建材を仕入れて加工します。さらに家を建てる場所にもっていき、組み立ててみれば完成します。そしてこの仕組みが造られたのは高度経済成長の時期で、たくさんの需要があったので、それだけたくさん作られ、たくさん消費されるといった仕組みでハウスメーカーの事業も順調に回っていきました。ですが、今では経済事情が悪くなって、そうした理屈では経済全体から見ても昔のような家づくりでは通らなくなっています。

そして、低コストで作っていくとどうしても人件費を安くしたり、その為手抜き工事が多くなってきますが、そうしていった賃貸物件が多くのこっていると内部の構造に問題がある物件に当たる可能性も高くなり、たくさん作る仕組みは一見すればいいことずくめですが、問題もありそうです。そし手今の賃貸住宅の運営は全体的に供給過多の時代といわれていて、その理由はいろいろありますが、1つは余剰となった土地対策の一環として不動産業斜位の宣伝に乗っかった同業者の急激な増加が挙げられます。そしてこれまらで見かけることのなかった車がなければ不便な田舎の地域ですら、たくさんの同業者の物件をよく見かけるからです。