アパートや賃貸マンション、一戸建て賃貸の土地・建物の両方をすべて自分で所有している場合のメリットについて
賃貸選びについて〜想像力を働かせて見学をする

賃貸物件の投資としてのメリット

アパートや一戸建て賃貸、賃貸マンションなどの土地と建物の両方をすべて自分で所有しているとした場合の投資としてのメリットを説明してみたいと思います。すべて自分で所有しているのでマンションの一部屋だけを所有して貸し出している場合と違い管理費や積立金がないので徴収している家賃はすべて自分の収入になります。当然将来の修繕などのためにある程度の金銭を貯蓄しておく必要がありますし、税金などのこともありますが、毎月の家賃収入から20%から30%ほどの金額を管理費や修繕積立金として支払わなけばいけないものに比べればずいぶん収入は増えます。

すべて自分で土地・建物を所有しているということは、将来の修繕などの計画を自分の都合により決定できるということです。これはマンションの一部屋だけを所有して賃貸として貸し出している場合は自分が望まなくても修繕をしなければいけないこともあり、建物の立替のような決定は自分ひとりでは出来ません。さらに資産という意味でもその減り方は緩やかです。それは土地自体の価値があまり変動しないということで、一定以下に価値が減ってしまうという心配をする必要が無いというメリットもあります。当然土地や建物をすべて自分で所有しているので高齢になって物件を手放す際にも土地の価値は安定しているのでそれなりの現金を手に入れることも出来ます。