賃貸物件は家賃を払い続けなければならないが、税金や維持のための出費を抑えることができるメリットは大きい。
賃貸選びについて〜想像力を働かせて見学をする

住まいの維持を気にしなくてもいい賃貸

住まいを現金で一度に購入ができればいいわけですが、それだけの資金的余裕を持ち合わせているのはごく少数でしょう。無理に現金一括で購入をしようとすると、その後の生活をかえって切り詰めたものにしなければならなくなってしまうかもしれません。住まいを購入するのなら、多くの場合はどうしても住宅ローンを活用して長期的な返済計画を立てなければならなくなります。

結果的には毎月賃貸物件の家賃を支払うか、購入した物件のローンの返済をするかで、それほど大きな違いはありません。ただ住まいに対する権利が全く異なります。賃貸の場合はいくら家賃を支払っていても、所有することはできません。そのことだけを考えるととてももったいないことに思えるかもしれません。しかし住まいに関する税金や維持・管理の責任を負わなくて済むわけで、余計な出費が発生しなくてもいいことになります。

いったん住まいを購入すると、長期間その住まいで暮らし続けることになります。環境の変化や暮らしにくさを感じても、容易にはほかのところに移ることはしにくいものがあります。その点で賃貸物件は豊富な物件の中から条件の合う物件に引っ越しやすいというメリットがあります。

注目の情報