賃貸管理業者に好かれるお客さんと嫌われるお客さんを簡単な例えを出して比較した紹介文を書きました。
賃貸選びについて〜想像力を働かせて見学をする

賃貸管理業者に好かれるお客さんはどんな人

賃貸管理をしている不動産屋にとって優良なお客さんは、どんな人達なのでしょうか、もちろん契約を締結して物件を借りてくれるお客さんです。文句を言われたり、細かい事をつつかれたりしても最後に契約を決めてもらえればそんな事など些細なことになってしまうのです。極端な話になりますがお客さんと不動産屋さんの間に信用ができたら担当さんは出来るだけ条件の中から良い物件を探そうと思います。信頼される関係はどのように出来るのか、それは次を読んでいただければヒントになると思います。

わがままで口が悪いお客さんが信頼されないかと言うとそんな事ばかりではなく。人当たりが良く決めてくれそうなお客さんが、突然他の所で契約しましたと言われる事があったりします。信用されないお客さんとは、どんな人なのか、身なりがだらしない人でしょうか。確かに、身なりは不潔に見られない程度に整えておくのが良いですが、それよりも重要なのがやはり、約束や待ち合わせ時間を守ることです。賃貸契約の商売とはいえ、不動産屋さんも感情のある人なのですから、平気で約束を忘れ、時間に遅れるようなお客さんでは契約まで決まらないと思ってしまい、適当にあしらわれてもおかしくないです。良い部屋探しは不動産屋さんとの上手な付き合いです。

注目の情報