賃貸物件の間取り図には部屋の大きさや階段の幅などが記載されてないことがあり、かならずはかっておくようにする
賃貸選びについて〜想像力を働かせて見学をする

賃貸で間取り図のことについて

アパートやマンションおY部屋の下見をするとき手ぶらで行くことは避けて可能なら便利グッズを事前に用意します。そして不動産会社からもらった部屋の間取り図は必ず持参し、間取り図に記載されている情報と実際に違いがないかどうか調べます。そして1日で複数の物件を下見するとい覚えている情報がごちゃごちゃになってしなったり、忘れてしまうことがありますから、かならずメモ用紙と筆記用具を持参しましょう。そして測定したサイズや気になった所は下見をした物件ごとにまとめて記載してください。

そして、不動産会社の方の運転で現地へ向かうことが多いでしょうが、地図を利用し駅までの距離や周辺環境を確認し、再度一人で下見にくる道順などもしらべて置きましょう。そして借りようとしているアパートやマンションの周りにスーパーやコンビニや病院などの生活に必要なものが近くにあるかも確認します。そして賃貸物件御間取り図には部屋の多きやさ階段の幅などが記載されていないケースがあります。大きい家具があるときは部屋の縦横の長さ、階段の幅をかならずはかって家具の搬入やレイアウトの参考にしましょう。そして忘れやすいことが窓枠の多い差ですが窓枠は実はいろいろな大きさがあり、カーテンを購入するときを考えて縦横の長さを図りましょう。

注目の情報