賃貸で入居者がいれば、月々の家賃収入が入り、インフレにも強いのが不動産投資の魅力になっていることがわかいる
賃貸選びについて〜想像力を働かせて見学をする

賃貸で入居者がいれば

不動産投資は少ない自己資金でも購入する物件を担保とすることによって銀行から自己資金の何倍ものお金を借りられます。そしてこれがレバレッジ効果で、例えば自己資金500万円でも3000万円の物件を購入できます。そして、そのほかのメリットにローンで投資用物件を首都高する時団体信用生命保険に勧誘することになり、生命保険の代わりにもなります。そしてローンを組んだ方に万が一のことがあっても保険会社がローンの残債を支払ってくれますから、残された家族は安心できます。

そして高度障害にも適用され、一般の生命保険と比べてみれば掛け金は割安で済みます。そして相続面でも不動産は遊離で、相続のとき投資用不動産は時価で計算される現金や株式と違い評価額で計算され、投資用不動産の評価額は更地よりも低く、建物なら取得価格の5割ぐらい、都智部分は時価の8割ぐらいで評価されます。そして賃貸中なら土地・建物共に評価額を下げることができます。そして、相続対策としても不動産投資は有効でしょう。そしてペイオフ対策にもなり、もしも金融機関が破たんしたら、普通預金や定期預金は預金者一人当たり元本1000万円までとその利息しか保護されません。