賃貸マンションをリノベーションして貸し出すような不動産投資もあり、建築基準法を知っておけば便利になる
賃貸選びについて〜想像力を働かせて見学をする

賃貸マンションのリノベーション

建物の耐震診断をした結果、建物の耐震性能に問題があれば、どのぐらいの費用がかかるでしょうか。昭和48年建築11階建て、総戸数58戸のマンションを耐震補強するとき、およそ1戸当たり300万円^500万円の費用がかかります。そして、すべてを補強せず、1階や2階部分だけ補強するときは1と当たり数十万円で補強工事ができます。そして最近マンションをリノベーションして貸し出すような不動産投資もあり、こうした建築基準法まで知っておくと、賃貸経営をしていくときのトラブル防止や顧客満足につなげられます。そして、

そして相続税はどいった対策が有効でしょう。その答えは単純で、相続税の課税評価額を下げればいいです。そして課税評価額を下げるためにどうすればいいでしょう。おすすめしたいのはマンション投資、で特に都心のワンルームマンションがいいでしょう。そしてその理由は、不動産の課税評価額が実際の売買価格よりも低くなるからで、不動産は土地の評価と建物の評価が別々の基準でされて、建物評価額は固定資産税評価額に基づいています。そして、ワンルームのマンション投資をしたら、物件にもよりますが、現金で相続したときの約30〜40%の評価額になり、相続税対策としてはとても有効でしょう。

注目の情報