賃貸でペット可の物件で、猫可の物件は犬用と比較してもかっている人口が少なく需要が多いといえる
賃貸選びについて〜想像力を働かせて見学をする

賃貸で猫可の物件では

ペット可物件は近辺の家賃相場と比べ高いことが多く、ペットのことを気遣って頻繁に退去するといった方も少なく、不動産経営の安定化につながってくることがあります。ですが、普通の犬や小動物可の物件はもともと物件数がある程度多く、差別化を図りにくいといった状態になります。そして一方猫可の物件は犬用と比較しても、かっている人口に比べ少なく需要は多いでしょう。そして、ペット専用の水場など、ペットに配慮した設備を持っている物件は人気も高く、そうした設備をあらかじめ用意しておくこともいいでしょう。

そして、中古マンションを成約したときの平均築年数は上昇傾向にあり、今の状況であれば築19〜20年ぐらいが今後中古マンションを取引するときの一つの目安でしょう。そして賃貸経営を実際にしていくオーナーの立場から見ていい不動産はどういったものでしょうか。賃貸経営をしていくときに知っておきたい、いい不動産は、入居者の求める条件に合致していることや家賃や売却時の価格が長期的に維持できそうな立地であることや、新耐震基準に合致した物件であることが基準になります。そして、古いマンションなどをリフォームして賃貸経営をしようと思っている方に知っていただきたいことが、新耐震基準に合致した物件を選ぶことです。