賃貸物件の仲介に大企業か地域密着型の会社を選ぶかは、地域によって異なるので正しい選択をすることが大切です。
賃貸選びについて〜想像力を働かせて見学をする

賃貸物件の仲介業者は会社の規模で選ぶ

賃貸物件の契約には仲介が必ず必要という訳ではありませんが、スムーズに物件を探して契約するには仲介業者に依頼することが重要です。仲介業者は選び方を間違えると、接客態度に問題があったり知識が不十分であったりと不快な思いをする可能性があります。

テレビCMや広告などには大手の不動産会社が見られますが、必ずしもそういった大企業に仲介してもらうのがいいとは限りません。小規模の地域密着型の会社にもメリットがあり、状況に応じて選ぶことが大切です。大規模の会社は、支店と連絡を取り合って広範囲に渡って物件を探してくれることが大きなメリットです。しかし、値引き交渉などは勧めにくく融通が効きにくい傾向にあります。しかし、接客態度は元気が良いことが多いので気持ちよく物件を探すことが出来ます。地域密着型の会社は少人数であるので、あまり広範囲に渡って物件を探してもらうことは難しいです。しかし、地元の物件の管理者と独自のコネクションを築いている場合も多く、あらゆる点で融通を利かしてくれる傾向にあります。どちらを選ぶかは地域によって異なるので、最良の選択をして希望通りの物件をより多くの候補から選べるようにすることが大切です。

注目の情報