賃貸物件を活用した資産運用は、利回りが高い一方で注意も必要です。特に空室対策は、万全にしておく必要があります。
賃貸選びについて〜想像力を働かせて見学をする

賃貸物件を活用して資産運用

アパートやマンションなどの賃貸物件を活用した資産運用は、投資信託や定期預金などの方法と比べて利回りが高く、資産家からは特に人気の手法となっています。しかし、一方で高い利回りの裏にはリスクも内在しており、運用を成功させるにはこうしたリスクをいかにして回避するかがポイントとなります。

賃貸物件運用にあたってのリスクは様々ですが、中でも運用に致命的なダメージを与えるのが、空室の発生による家賃収入の途絶です。退去者が発生するのは物件の性質上仕方ないものですが、問題は退去者の発生に伴って出現した空室が解消されないことなのです。空室の早期解消が可能かどうかは、物件そのもののもつ魅力に大きく左右されます。例えば駅至近の物件などであれば、利便性が非常に高いため空室はすぐに解される可能性が高いのです。

物件そのものの魅力を高めて長期の空室の発生を防止するのは、効果的ですがさらに万が一に備えるのであれば、家賃保証制度の活用も検討したいところです。あらかじめ制度に加入し、一定の金銭を支払っておけば、万が一空室が発生し、家賃収入が途絶するようなケースでも、家賃相当額が制度から給付されるため、収入途絶のリスクを回避できるのです。