賃貸物件を退出する時には原状回復をする為に貸主負担の場合と、借主負担となる場合があります。
賃貸選びについて〜想像力を働かせて見学をする

賃貸物件退出時の原状回復について

賃貸物件退出時には次に部屋を借りる人の為にも原状回復をします。その時には貸主負担になる物と借主負担になる物があります。先ず、貸主負担となる物としては通常の住まいで、どうしても発生する物になります。具体的には家具の設置による床・カーペットのへこみや設置跡、テレビ・冷蔵庫等の後部壁面の黒ずみ、日照など自然現象によるクロス・畳の変色、フローリングの色落ち、賃借人所有のエアコン設置による壁のビス穴・跡、下地ボードの張替が不要である程度の画鋲・ピンの穴、耐用年限到来による設備・機器の故障・使用不能などです。その他にも建物の構造により発生する物として、構造的な欠陥により発生した畳の変色、フローリングの色落ち、網入りガラスの亀裂などが対象になります。

次に借主負担になる物ですが、定義としては、借主が手入れを怠った物や・用法違反・不注意による物です。具体的には、飲みこぼし等を放置したカーペットのカビ・しみ、結露を放置した事により拡大したカビ・シミ・クーラーからの水漏れを放置した事による壁の腐食、台所の油汚れ、冷蔵庫下のサビ跡、引越作業・キャスター付きイス等によるフローリング等のキズ、借人所有のエアコン設置による壁のビス穴・跡、耐用年限到来による設備・機器の故障・使用不能、ペットによる柱等のキズ、賃借人の不注意により雨が吹き込んできた様なな場合のフローリングの色落ち、その他、日常の不適切な手入れもしくは用法違反による設備の故障が挙げられます。沢山あって頭が痛くなりますが、でもこれらの費用は基本的には敷金から補填されます。

この様に破損と補修の差が難しい所ですが、なるべく借主に負担をかけない様な体制を整えている大家さんも少なくはありません。例えば、クロスを例にすると破損した場合の借主の負担は単位が原則です。しかし破損部分だけを張り替えて、色褪せた他の古い部分と色が異なってしまう様な場合は、負担だけだと、借主が原状回復義務を十分に果たしていないと言えますのて、その場合は、クロス一面分の張替えを経過年数を考慮し、通常損耗・経年変化分を差し引いたものが、借主の金銭的な負担となる場合が多い様です。尚、借主が色合わせの為に部屋全体の張替えを行なう場合には、破損していない残りの面の張替え費用は貸主の負担となる場合もあります。