賃貸アパートの値上げ拒否をする場合には、ここまでいいという家賃を供託しておくと利息負担が減ります。
賃貸選びについて〜想像力を働かせて見学をする

賃貸アパートの家賃の増減

賃貸アパートは2年契約で更新あり、などの物件も多いですが、通常はその2年間、家賃があがることはないというのが普通の感覚です。しかし更新後については値上げ等があるかもしれませんが、契約期間が一回終了するわけですから多少違う物件を探す等の選択の余地もあるでしょう。しかし、契約期間の中途等で家賃の値上げ請求がきた場合には、釈然としないため合意できないということもあるでしょう。

こういったケースで、もめにもめてしまった場合は、契約存否ではなく家賃の折り合い着かずという裁判をすることになるでしょう。その時に賃借人として覚えておきたいのが供託という制度です。具体的に、10万円の家賃を12万円にするという値上げ要求について、事情を聞いたり相場を確認したら11万円までは合意できる、12万円はふっかけすぎと考える場合に、11万円を裁判所に供託しておくのです。そうすることによって、万が一裁判に負けて12万円で決まったとしても、不足の1万円と、その一万円に係る部分の利息だけで支払が住むようになるのです。家賃の増減に関することは契約書にも書いてある場合があります。増額はどうなのか、減額はどうなのか、請求ができるだけなのか何もできないのかなど、しっかり事前に読んでおくことをお勧めします。