不動産会社で賃貸物件を探す時には、流通物件と言って複数の不動産屋で募集をかけているものがあります。
賃貸選びについて〜想像力を働かせて見学をする

賃貸物件の流通物件について

お部屋を借りるときには流通物件というものの存在を知っておくべきだと思います。賃貸物件を探すときには、いくかの不動産屋を周ってみるという人は多いと思います。その時に、別の会社でも同じ物件を見たという経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

このように複数の不動産会社で確認することができる物件を流通物件と呼ぶそうです。この現象の仕組みは、複数の不動産会社同士で物件を融通し合っていることから来ているのですが、簡単に言うと大家さんが複数の不動産会社に募集を依頼している物件ということです。一部例外はあるようですが、この手の物件というのは当然のことながら、長い間借り手が見つからない不人気の物件ということができます。

つまり、何気なく探している段階で、人気の有無を確認することができるわけです。この流通物件の存在を知るのと知らないのとでは大きな差になります。複数の不動産屋を訪れていて、同じ物件を見たら、頻繁に見ることができる人気物件だと誤解してしまう可能性があるからです。最終的には、建物の良し悪しで判断するので、流通物件でも気に入れば借りることに問題はありませんが、この知識は知った上で部屋探しをした方が良いのではないかと思います。